つれづれ鉄道風土記

日常やら、旅行記やら、写真やら、時には見たアニメや政治やらについて、徒然なるままに書き連ねていこうかな、と思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

東北内陸縦断旅行記③

のんびり更新していきます(再掲

山形線(奥羽本線) 乗車駅:米沢(13:49) 種別/行き先:普通/山形 降車予定駅:赤湯 車番(編成):クハ700-5505(Z-5)

米沢で待ち受けていた乗り継ぎ列車は衝撃と言うか、案の定と言うかの701系ワンマンカーです。
まぁ赤湯までの短区間乗車なので文句は言いませんw

特にコメントすべきこともなく列車は順調に北上。唯一特記するようなことと言えば、
まだ時間的には早いのにかなり学生の利用が目立ったと言うあたりでしょうか。

DSC_0058_20110927231802.jpg


赤湯駅は元々3面5線(1番線上り本線相対式+奥羽線島式1本+長井線&奥羽線島式1本)だったところに、
山形新幹線工事時の線路拡幅で2番線の中線を撤去、4番線を下り副本線、5番線を長井線専用にしたため、
奥羽線だけをとってみると列車の止まる3つの線路のプラットホームが全てバラバラ、という珍妙な配線になってます。

DSC_0065.jpg
↑下りE3-1000&上りE3-2000の離合。

DSC_0051_20110927231727.jpg
↑が山形新幹線開業時にリニューアルされた元来のJR赤湯駅駅舎。
↓は長井線第三セクター化時に新築された、元来の駅舎とは反対側のロータリーに面して作られた山形鉄道の赤湯駅舎。
DSC_0055.jpg

赤湯駅にはこの後ももどってくるので、ここは先を急ぎます。
山形鉄道の駅舎で全線フリーパスを5人分買い(理由は後で記述しますw)、
既にホームに到着していた山形鉄道の列車に乗車。

DSC_0060.jpg
↑安定の新潟トランシス。もっとも、銘板は新潟鉄工所ですがw


路線:山形鉄道フラワー長井線 乗車駅:赤湯(14:37) 種別/行き先:普通/荒砥 降車予定駅:荒砥 車番(編成):YR-886

旧国鉄長井線、今は山形鉄道フラワー長井線。車番のYRはさしづめ Yamagata Railwayでしょうか。
列車が発車してまず驚いたのは、車内に沿線の「うさぎ駅長」(いるらしい)の関連グッズの車内販売が始まったこと。ワンマン列車で車内販売とは… 
しかし、残念ながら取扱商品は個人的にはそれほどの品は無かったと言うのが正直なところでしょうか。

そしてフラワー長井線のもう一つ(というかむしろこちらがメインなんじゃないかと思いますが)の観光資源は、
数年前に上映された映画、スウィング・ガールズです。上野樹里が主演でやってた山形の高校の吹奏楽部の話を覚えてる方も多いのではないでしょうか。
そして、その映画のロケを行っていたのがこのフラワー長井線沿線、そして長井線の車両自体も出演していたのです。
どうやら大半の車両がスウィングガールズ仕様のようでした。しかし一番のラッピング車にはここでは見えずじまい。

列車は赤湯を過ぎると短い駅間で折畑を過ぎるまでこまめに停車。特に赤湯駅と南陽市役所は極めて近いw
「梨郷(りんごう)」って…なんじゃぁ?

折畑を過ぎると沿線には「梨郷」のその名の通りラフランス(洋ナシ)の果樹園が見て取れるようになります。ずいぶんと古風な駅舎の西大塚を過ぎ、今泉に到着です。



今日はここまで
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2014-09-05(Fri)05:22 [編集]


salvare455さんのランキング集計結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。