つれづれ鉄道風土記

日常やら、旅行記やら、写真やら、時には見たアニメや政治やらについて、徒然なるままに書き連ねていこうかな、と思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

関西撮影記録 2011/3/24~26⑦

日は明けて3月26日。いよいよさよなら489系号の運転日です。
大阪から金沢までの足取りは、当ブログ3月27日うpの「3/26 ありがとう489系号 往路乗車記」にありますので、
どうぞそちらをご覧ください。

ということで今回は金沢からスタートです。
金沢駅で、さよなら489系号に同乗していた某フォロワーさんと談笑の後別れ、北陸線を東に向かいます。
実は489系は金沢一歩手前で踏切非常停止ボタンによる列停を食らいまして、到着が20分くらい遅れていたんですが、
乗りたい乗継列車には無事乗り継げました。


 金沢 14:35 北陸本線普通直江津行(クモハ475-52)

もはや金沢以東の普通列車はほぼ521系による侵略が完了してしまったようです。
そして金沢~直江津という昔は419系の十八番だった運用が475系になっていました。

3連の車内は私がホームに上がった時にはすでにいっぱい。
ようやく1席空いてるボックスを見つけ、そこに落ち着きました。

高岡を出ると車内は空きはじめたものの、富山でまた激増。魚津を過ぎたあたりからはまたゆったりしてきました。
ふと気づいたんですが、北陸新幹線建設推進の看板に書いてある新幹線車両って、
金沢以西だと700系、以東だとE2系なんですねw
なんか地域の帰属意識みたいなのが出ている気がして面白かったです。

どうも列車に乗っている間に天気が陰ってきて、富山や糸魚川あたりでは雪がちらほら舞ってました。

DSC_0588-2.jpg
↑100㎞/h以上で爆走

DSC_0593.jpg
↑海上にそのまま橋脚を立てた高速道路

DSC_0632.jpg
↑糸魚川手前で電源切り替え。交流60hz→50hz

DSC_0602.jpg
↑糸魚川では長時間停車。貨物に追い抜かれました。

DSC_0638.jpg
↑各ボックスに栓抜きが残っている、今では珍しい車両です。

筒石のトンネルを抜けると、そこはようやっと雲を抜けて晴れていました。
あと一歩で直江津です。

17:51 直江津

DSC_0657.jpg
↑乗ってきた普通列車の後を追ってやってきた特急はくたか681系スノーラビット。
やっぱり長編成の特急はかっこいいですねぇー

直江津で夕飯用に駅弁購入。この日最後の1つ、かに飯でした。
しかも弁当屋のお兄さんが最後の売れ残りを買ってくれたお礼にとお茶までサービス。
ちょっと得をした気分です。

DSC_0648.jpg

信越線のホームには長野行きの妙高が止まっていますが華麗にスルー。
ここから私が乗るのはコレです↓
DSC_0675.jpg
そう、北越急行。電GO等ではお馴染みですが、私はまだ日があるうちに乗ったことはありません。景色に期待。
といってもなんかそろそろ暗くなってきてますし、そもそもほくほく線って確か7割トンネルなんですけどねw

 直江津 18:33 北越急行ほくほく線普通越後湯沢行(HK100-3)

2両編成でしたが車内は共にガラガラ。
発車前に、かに飯を化物語のガハラさんを思い出しつつほうばります。

うらがわらを過ぎると、車中でC寝台をしていたJKが降り、いよいよ車内は閑散。

虫川大杉より先にはまだまだ大量の雪が残っていました。
ほくほく大島にも数メートルの残雪。流石雪深いこの地方です。

途中のトンネルの中にある儀明信号場で、下りはくたかとのすれ違い待ち。
その時に車両最後尾から後ろ向き、特急の進行方向向きに撮ったのが↓
DSC_0688.jpg
かの著名な青二灯信号です。160㎞走行を可能にするこの信号、生で見たのは初めてです。

18切符で乗っていた(直江津で北越急行の乗車券を所望したが売ってもらえなかった)ため、
この信号場での待避時間のうちに精算。
DSC_0692.jpg

特急が轟音を立てて通過していくとすぐに発車です。

流石の高規格路線。十日町駅付近の線路には融雪のための水撒き設備が完備。
しかしドアが開くたびに寒いです…

六日町でほくほく線区間は終了、上越線に入ります。
ほくほく線に乗って思ったのは、やはり電GOのクォリティは高いなぁ、ということですねw
あと、人がほんとに少ない(


終点越後湯沢に到着するとそこにはまた雪が降っていました。
北国は3月の終わりになってもまだ雪の季節ということのようでした。


19:57 越後湯沢

DSC_0694.jpg

ここからの帰りは大人しく新幹線です。つまみを買って車内へ。

 越後湯沢 20:08 上越新幹線MAXとき348号東京行(E1系M3編成3号車)
DSC_0695.jpg

21:18 東京

新幹線は何事もなく終点、東京に到着。途中大宮まで無停車な便だったもんで途上は爆睡でした。

この後、新宿駅に寄ってバイトの面接のアポを取って帰宅。
こうして旅の終わりはあっけなく訪れたのでした。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

salvare455さんのランキング集計結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。