FC2ブログ

つれづれ鉄道風土記

日常やら、旅行記やら、写真やら、時には見たアニメや政治やらについて、徒然なるままに書き連ねていこうかな、と思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

関西遠征記録 2011/3/24~26

旅行記にするか撮影記にするかちょっと迷ったのですが、
先に挙げた489系旅行記部分以外はほとんど撮影目的が多かったので。

今回の関西遠征の目的は、もちろん上にも述べたように「ありがとう489系」に乗るためです。
で、、26日の朝に大阪に着けるよう、25日のながらの指定席を取ろうと思ったのですが…
見事に指定券争奪戦に負けまして(2/25の学校終了直後12時ころに窓口に行ったものの既に売り切れ)。
前日のながらは空いていたので、大阪でゆっくりすることも滅多にないし丁度良いか、
というノリで今回の行程が決まりました。
行程が決まったとはいえ、24のながらで大垣・大阪へ、25日は大阪で一日過ごし、26日に489号から北陸周りで帰ってこよう、
ということが決まっただけで、大阪での細かい行動予定は全く白紙。
なんとなく、103系を撮ろう、とか行きたくても中々行けなかった交通博物館に行こう、とか考えていただけでした。

24日は鉄研の連中と朝からカラオケに行き(参加費1人1000円で余った分は全額募金という、ちょっとしたチャリティー企画)、
晩飯を食った後は高田馬場・池袋界隈で時間をつぶして東京駅に向かいました。

実をいうとカラオケ中から体調がおかしかった。腹が痛かった…てか普通に下痢ピーでした、うん(ぇ
しかしながら私は旅程を強行w「出し切」ったので体が軽くなって、動くのに支障は無くなったのでね。
ながらは今まで乗ろうとしても何度も計画が潰れて乗れなかった列車。
田町の189系10連の動向も怪しく、今度乗れなかったら二度と乗れないような気もしたのでね…

…まぁ言い訳みたいなのを垂れる必要は無くw 結論から言えば旅行中体調が悪くなることは一度もありませんでしたよ。


DSC_0001.jpg
念願のながら初乗車。23:00前に列車が入線。今日はH101編成です。
DSC_0010_20110330025453.jpg
贅沢を言えれば373時代の愛称絵幕を189にも入れてほしいのですが… まぁ方向幕が用意してあるだけマシでしょう(ぇ
DSC_0011.jpg

 東京 23:10 ムーンライトながら 10号車8番B席(クハ183-1023)

駅構内、車内放送では今日は満席と案内していましたが、東京駅出発時点で10号車の乗車率は3割。…どーゆうこっちゃ
小田原からの大量乗車はもちろんあったものの、それでも最終的に7割程度しか埋まりませんでした。
隣が誰もいなかったので、寝るには良かったですけどね。
ただ、18きっぷシーズンのながらには乗りたい人がいくらでもいるんだから、
旅行を中止するなら切符も払い戻してもらいたいなぁ、とは思いましたね。
 
因みにこの10号車、この編成唯一の183系のグレードアップ改造車です。
グレードアップ改造は、1990年代初頭にあずさ・あさまに使われていた183・189系に施された改造で、
シートピッチの拡幅、シート自体の改良・かさ上げ、窓の拡張、読書灯の設置などが行われ、
現存する183・189系列では最も車内環境が快適と言える車両なのです。

10号車以外は、9~4・1号車がシートのみGU車と同様の改造を受けた車両、
2・3号車に至っては旧式の簡易リクライニングシートです。
昼間ならまだしも、寝るのに簡リクはご免なので回避がおすすめですねぇw

↓GU車座席
DSC_0018.jpg

しかしこの10号車、快適と思われたものの思わぬ落とし穴が。
まず、8番の座席が窓割的に完全にハズレ。
シートピッチを拡幅した時に窓割と座席があっていない場所があるのは知っていましたが、これほどドハマリするとは思いませんでした。
車窓のちょうど真ん中に窓枠が入るというなんとも言えない感じw まぁ夜行だからいいですけどね。

もう一つは、停車の度に激しい音を出すクハ特有のコンプレッサー音。
寝れば気になりませんが中々寝付けません。一応どちらも情報としては知っていましたが、
これほどひどいとは思っていませんでしたw

東京・小田原を出ると3人の車掌が一斉に車内巡回を始めます。
普通列車で3人も車掌がいるなんて言うのはこの列車くらいのものではないでしょうか。

列車は暗闇の中を走行。熱海を出ると丹那トンネルです。
しかし丹那トンネルを抜ける・東海区間を走る183系というのが未だにしっくりこない私です…


…いつのまにやら眠りについていたようでした。静岡・浜松でふと目を覚ましたほかは安眠し、
朝起きたのは名古屋手前、金山あたりでした。そろそろ周りも明るくなってきます。
どうやらかなり本気で走行しているようで、100㎞/hは出ていそうでした。

やはりこれでこその元特急車ですよね。…そこ、まだ臨時あずさ・かいじで走ってるとか言わない
さすがにGU改造車以外の183・189系を特急に充当して特急料金を取るのはあこぎな商売な気がしてならんです。

10号車に乗っていた「通の人」と思しき18きっぱー達は、
最後の途中停車駅・岐阜を過ぎると続々と荷物を担いで前の車両へ移動。
大垣駅での米原・大阪方面の列車への乗り換えには階段が前しかないのです。

終着手前で列車名の由来ともなった長良川を渡河。
列車は夜明けの太陽を背負って定刻に大垣駅1番ホームへすべりこみました。

5:55 大垣


西日本方面への乗り換え列車の座席争奪戦として著名な大垣ダッシュは、私は今回は不戦敗。
時間はたっぷりあるので、ゆっくりながらを撮って、30分後の次の列車に乗り込みます。

DSC_0037.jpg



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

salvare455さんのランキング集計結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。