FC2ブログ

つれづれ鉄道風土記

日常やら、旅行記やら、写真やら、時には見たアニメや政治やらについて、徒然なるままに書き連ねていこうかな、と思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

津軽鉄道旅行記⑤-1

前回からかなり間が空いてしまいましたが。
函館から青森に帰ってきたところからでしたかね…


青森駅に到着したのは午前6時前。寒さはピークに達していました。

しかし乗り換え時間は8分なのでそうそうゆっくりするわけにもいかず、
駅ホームの「麺処八甲田」で熱々のきつねうどんをすすって体を覚まします。

青森から乗るのは今回の旅行の一番のハイライト。
③でもご紹介した、12/4ダイヤ改正で消える新潟~青森直通の最長距離昼行特急・いなほ8号新潟行きです。

この青森発のいなほ8号は、基本的には昔は特急白鳥号が走っていたスジで走ります。
特急白鳥は今でこそ東北新幹線と北海道の連絡列車になっていますが、
10年前までは青森から大阪までを485系電車で約12時間かけて踏破する、文句なしの昼行最長距離特急でした。

白鳥は2001年に直通利用が少ないことを理由に廃止され、
青森~新潟間は「いなほ」、新潟~金沢間は「北越」、金沢~大阪間は「雷鳥」に、
それぞれ系統分断されました。
それでも白鳥の約半分の距離しか走らないいなほが最長距離の座を保てるほど、
白鳥は長距離を走っていたのです。

そして今回のダイヤ改正で、その白鳥由来のいなほ号が秋田打ち切りになって名実共に往年の名列車白鳥が消える、ということなのです。

DSC_0730.jpg

DSC_0727.jpg

うどんを食べ終わった後はわずかな時間で構内をかけめぐりました。

↓E751系。E653系に似ている。余談ながら12/4以降は短編成化改造のために運用から離脱してます
DSC_0714.jpg

↓485系唯一の普通列車運用。朝イチの津軽線蟹田行きです。
DSC_0726.jpg

一通りネタを撮り終わったところで急いで乗車です。
はまなすからの乗り継ぎ客が存外にかなりいたので、思ったほどには空いていませんでした。

車内で昨晩新青森駅を一緒に走り回った2人組の男性と再会。
新潟まで適当にしゃべりながら一緒に行きました。

車両は485系リニューアル車、3000番台。
内装はE2系に準じるイメージ。平成8年に秋田の土崎工場で改造との銘板がありました。
15年前でこのクォリティ…。当時としては中々でしょう。

どうでもいいですけどトイレがやたら豪華でした。


 青森 6:04 特急いなほ8号(モハ485-3033)

青森を出るころまでは真っ暗でしたが、出ると割とすぐに明るくなってきました。
昨日は全然わからなかった奥羽線沿線がよく見えます。

弘前~大館あたりの沿線の紅葉は中々見ごたえがありました。
しかし、まぁほとんど時季も終わりに近づいていたころだったので、
今度はもっと本格的なシーズンの内に行ってみたいですね…

下川沿では交換待ち。遅れていた日本海(トワ釜でした)が下り線を通過。

鷹ノ巣の前後辺りではかなりの霧が発生。一転、外の景色が何も見えなくなりました。
DSC_0776.jpg

交換の下りが遅れている影響で、東能代発車は8分延の8時丁度。
ここで下りあけぼのと交換です。
単線複線が入り乱れ、ちょっとでも遅れると上下交換がかなり大変なことになるようです。


青森から約2時間40分で秋田到着。ここで若干分停車です。

↓停車中に下りかもしか1号が入線
DSC_0784-2.jpg

秋田を出ると奥羽線と別れ、今度は羽越線に入っていきます。
羽越線は秋田駅の近辺を過ぎると、ほとんど複線になります。

秋田から入った車販でコーヒーを購入。一杯300円はいくらなんでもボッタ。
秋田駅で停まっているうちに自販機で買っておけばよかったと後悔しました。

羽越線に入ってから割とすぐに、もう日本海が見えてきました。
よく考えると、昼間にこれほど間近に日本海を見たのはこれが初めてだったような気がします。
今まで日本海沿岸を通るのは夜になってからが多かったので…

DSC_0801.jpg
DSC_0806.jpg

仁賀保(にかほ)、金浦(このうら)、象潟(きさかた)…難読駅が続きます。
象潟手前あたりから、田んぼの真ん中に点々と松林がある、という不思議な光景がみられます。
どうも元々海に松島が浮かんでいたところ、地震で隆起して海水が引き、
田んぼになったんだとか。県境の小砂川あたりに至るまで、風光明媚な景色が続きます。

↓遊佐駅。わざわざ写真をうpした理由は…お察しください。「ゆさ」じゃないよ「ゆざ」ですよ
DSC_0814.jpg

遊佐を過ぎたあたりから海岸沿いを離れ、庄内平野を突き進んでいきます。
遊佐から3駅目、貨物線の酒田港線が右手から合流すると、そこは酒田です。
酒田でも7分間止まるため、外の空気を吸おうとホームに降りました。

DSC_0816.jpg

駅構内の留置線には何故か京浜東北線を追い出された209系が転がっていました。
気動車と並ぶ209系って…なんか新鮮ですねw

DSC_0818.jpg





短いですが今日はここで切ります。









スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

salvare455さんのランキング集計結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。