つれづれ鉄道風土記

日常やら、旅行記やら、写真やら、時には見たアニメや政治やらについて、徒然なるままに書き連ねていこうかな、と思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

津軽鉄道旅行記③

さて、前話では青森まで到達したころでしたっけかね。ではそこから。


青森駅というところは、青函航路での渡道が全盛期だった頃からの風格を随所に残した、
中々に駅構内での撮影スポットに困らないところです。

夜は特に独特の雰囲気を醸し出してくれます。前回のかもしかの回想風景しかり、
青森駅をまたいで陸奥湾を望むライトアップされた橋をバックにした↓の一枚しかり。

ちなみに、橋は一定時間ごとにライトアップされる色が変わります。
オレンジ、緑、白、青、黄…。あと、22時には消灯なのでご注意を。

DSC_0228.jpg

到着の波がひとしきり去った後は、ホームは閑散とした空気に包まれます。

DSC_0252.jpg

さて、この後今晩の宿となる急行はまなすが来るまではひとしきり暇な時間です。
とりあえず駅前まで出てみました。ひらがな書きの特徴的な駅名板…
イチローの看板はここでは若干場違いかな。

DSC_0191.jpg

やることもない、といって暗くて沿線での撮影はムリ。あまり駅から離れたところには行きたくない…
ということで、さきほど写真に収めたあの橋の上に行ってみようと思い立ちました。

DSC_0188.jpg


駅前に停まっていたタクシーの運転手に道を教えてもらい、橋を目指して歩き始めました。

しかし、歩いていて思ったのは…人の少ないこと少ないこと。
冬間近、しかも土曜とはいえ、まだ21時前なんですが。

バスやタクシーが時たま出入りするほかは、商店街を歩いていてもさっぱり人とは出くわさず。
県都駅前の商店街としては不気味なほど静かでした。

思い起こせばシャッターを閉めていた店が多かったのも、夜のためだけではなかったのかも知れません。
大丈夫かこんなところに新幹線通して…

階段から橋に上ってみても、こんな海風吹きさらしの場所を歩く人は一人もおらず、
車が時折まばらに風を切ってゆくだけ。しかしその分夜景はきれいでした。

DSC_0206.jpg
DSC_0211.jpg


南を向けば明るい夜景、北を向けば漆黒の陸奥湾。その対称には美しささえ感じます。
橋の下の岸壁には退役した青函連絡船・八甲田丸が繋留されていました。
今では観光施設として利用されているそうです。今度昼間に通ったら行ってみますかね~

↓下から見上げた橋
DSC_0197_20110208023352.jpg

橋から戻ると、まずはこちらでお土産購入。
DSC_0217.jpg
…「駅の駅」って何だよ、とか心の中でつぶやきつつ。まぁ道の駅からの発想でしょうが。

駅にやってくる「つがる」や「白鳥」を撮っていても、まだまだ時間が余っているので、
せっかくなので新幹線開業間近の新青森駅まで行ってみることにしました。
弘前行きの701系に乗り込み、一駅で下車。

21:38 新青森

滞在時間は、今乗ってきた弘前行きが隣の津軽新城で行き違う、
下り青森行きがやってくるまでのわずかな時間。

同じようなことを考えられていた二人組の御仁がいらっしゃって、
広い構内を一緒にダッシュして回りました。

DSC_0366.jpg
まずは在来線ホームから望む新幹線ホーム。
DSC_0362.jpg

まだ改札は設置されておらず、豪勢な駅舎を持ちながら無人駅でした。
もしかしたら昼間は職員が常駐しているのかもしれませんが。

DSC_0377.jpg
ブレている一枚で申し訳ないです。新青森駅外観を1枚。
しかし噂には聞いていたけれど駅の周りホントに何にもないな…(^_^;;)

いくら探しても駅舎の外に大きな駅名板が見つからず、仕方なく↓の一枚で済まします。
後で見たところ、夜だと絶対に分からないようなところにありました…

DSC_0380.jpg

というか、この駅まだ完全に工事中の様相でした。
もう一か月切っているけれど、こんなんで開業できるんでしょうか…?

DSC_0374.jpg

まぁじっくり考える暇もなく、やってきた青森行きに乗車。青森にまたとんぼ返りです。

 新青森 21:46

21:52 青森

新青森往復した後は、はまなすの入線も近づいてきたので大人しく駅構内で過ごしてました。

…そして。所定の時刻通りにやってきたのは新潟からの特急いなほ7号。
日本海側・新潟~青森を駆け抜ける、日本最長距離昼行特急(当時)です。

DSC_0441.jpg


大多数のいなほ号は酒田、長くて秋田で折り返すのですが、
7・8号だけ遠路はるばる青森まで足を延ばすのです。

当時、という表現をつけたことからもお察しいただける通り、
このいなほ7・8号も、12/4を以て青森遠征から撤退。秋田で分断となります。

ということでこの行先表示も後少し。
LEDのリニューアル車でなく、方向幕の旧型だと良かったんですが…。
DSC_0418-2.jpg

いなほの青森撤退はすなわち、この緑塗装のリニューアル485系(新潟車両センター所属)が
青森まで来なくなるということをも意味します。

ということで、青森駅でこんな並びが見られるのも最後、というわけなのです。
黄塗装のリニューアル485系との並びは新幹線開業後も秋田駅で見られるようにはなるんですがね。

DSC_0494.jpg

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

salvare455さんのランキング集計結果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。